コンチネンタルゼロ 筐体

2018 / 2 / 19 スロット解析

コンチネンタルゼロ 天井・スペック・設定判別まとめ

コンチネンタルゼロ 筐体
©UNIVERSAL

機種概要
  • ボーナスのみで出玉を増やすノーマルAタイプ
  • 天井非搭載
導入日 2018/02/19
タイプ ノーマルA
BIG 「7・7・7」
(獲得枚数約312枚)
REG 「7・7・BAR」
(獲得枚数約104枚)
回転数 約34~37G/50枚

目次(内容タップでジャンプ)

天井


天井情報

天井情報
天井非搭載
やめどき
天井非搭載なので通常時ならいつでも可
設定変更時
G数リセット

スペック解析


スペック

設定 BIG REG ボーナス合算 機械割
1 1/279 1/431 1/169 97.1%
2 1/277 1/386 1/161 98.6%
3 1/268 1/360 1/154 100.8%
4 1/260 1/343 1/148 103.7%
5 1/248 1/320 1/140 106.7%
6 1/235 1/283 1/128 110.7%


打ち方

通常時


左リール枠上~上段にチェリー付きのBAR狙い中右リール適当打ち
※今後の解析によって変わる可能性あり

BIG中


・全リール適当打ち

REG中


・1度だけ技術介入を行う

REG中の技術介入手順


  1. 左リールに「白BAR・オレンジ・プラム」ビタ押し
  2. 中リール枠上付近に3連白BAR狙い
  3. 右リール枠上付近に「青リンゴ・白BAR・オレンジ」狙い
  4. 上段白BAR揃い+下段プラム揃いで成功
  5. 成功で設定示唆のある告知ランプ点灯抽選を行う
  6. 成功後は順押しで左リール「ベル・オレンジ・白BAR」を避けて消化

リール配列


コンチネンタルゼロ リール配列

設定判別ポイント


設定差のある小役確率

・プラム確率に設定差あり

プラム確率
設定1 1/11.8
設定2 1/11.7
設定3 1/11.6
設定4 1/11.5
設定5 1/11.3
設定6 1/11.1

関連記事→コンチネンタルゼロ 小役確率


設定差のあるボーナス確率

・「プラム+ボーナス」確率に大きな設定差あり
・プラム重複ボーナス成立時は、払い出し音に遅れが発生する

設定差のあるボーナス確率
設定 プラム
+BIG
プラム
+REG
合算
1 1/5461 1/16384 1/4096
2 1/5461 1/10923 1/3641
3 1/5461 1/6554 1/2979
4 1/4681 1/4681 1/2341
5 1/3641 1/3277 1/1725
6 1/2731 1/2048 1/1170

関連記事→コンチネンタルゼロ
設定差のあるボーナス確率


REG中の告知ランプ

・REG中、技術介入成功時の告知ランプ点灯で設定2以上確定
・REG成立時の総回転数によって示唆内容が異なる

REG中の技術介入手順


  1. 左リールに「白BAR・オレンジ・プラム」ビタ押し
  2. 中リール枠上付近に3連白BAR狙い
  3. 右リール枠上付近に「青リンゴ・白BAR・オレンジ」狙い
  4. 上段白BAR揃い+下段プラム揃いで成功
  5. 成功で設定示唆のある告知ランプ点灯抽選を行う
  6. 成功後は順押しで左リール「ベル・オレンジ・白BAR」を避けて消化
総回転数別
告知ランプ点灯による設定示唆
総回転数 示唆内容
0~999G 設定56確定
1000~2999G 設定2以上確定
3000~4999G 設定3以上確定
5000G以降 設定456確定
総回転数別
告知ランプ点灯率
設定 0~999G 1000~2999G 3000~4999G
1
2 9.2%
3 15.2%
4
5 9.2%
6
設定 5000~5999G 6000G以降
1
2
3
4 25.0% 100%
5 50.0%
6

関連記事→コンチネンタルゼロ
高設定確定演出


高設定確定演出

  • REG中、技術介入成功時に告知ランプ点灯で設定2以上確定

関連記事→コンチネンタルゼロ
高設定確定演出


立ち回りポイント

・この台はボーナスのみで出玉を増やすノーマルAタイプです。「プラム確率」「プラム+ボーナス」確率に設定差があるのでカウントしてください。「REG中の告知ランプ」に高設定確定パターンがあるので、REG中は積極的に技術介入をしましょう。

・天井非搭載で、ハマリ台でもメリットはないので注意してください。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください