HANABI(ハナビ) 筐体

2018 / 3 / 26 コラム

ハナビ(花火) 期待値を最大限稼ぐ効率的な打ち方

HANABI(ハナビ) 筐体

未だに根強い人気を持っていて、力の入れているホールも多い

「ハナビ(花火)」

の効率的な打ち方を紹介します。

花火の大きな特徴はハズレ出現=高設定濃厚になっているので、

獲得枚数によって設定を入れるホールの基準にしやすいのが魅力的ですね(^^)

そんなハナビで高設定をツモった時、期待値を最大限積むための打ち方を書いていきます!

ハナビ(花火)
ハナビの効率的な打ち方の必要性

なぜハナビの効率的な打ち方を紹介するのか?

と、疑問に思った人もいると思います。

それは期待値を最大限稼げるからです。

個人的に思うハナビの最大のデメリットは

リプレイ成立時のウェイト(演出)が長過ぎる!!

という点です。

ウェイトが長い→次回転のスタートが遅れる
→結果的に総回転数が稼げない
→高設定をツモっても期待値が下がる

ということが起こります。

そのため高設定をツモった際は効率的な打ち方をするように心がけましょう!

ハナビ(花火)
通常時の効率的な打ち方

最初に通常時の効率的な打ち方を紹介します!

リール配列


ハナビ リール配列

個人的にオススメする打ち方は順押しです!

1…最初に狙う図柄


  1. 左リール枠上~上段にBAR狙い
  2. 中リール枠内に7狙い
  3. 右リール適当打ち

これはオーソドックスな打ち方ですね。

次は左リールのみ狙う位置を変えます!

2…次ゲームに狙う図柄


  1. 左リール枠上~上段に単独ドン(リール配列19番)狙い
  2. 中リール枠内に7狙い
  3. 右リール適当打ち
  4. 次ゲームは「最初に狙う図柄」に戻る

意外と簡単ですよね(^^)

しかしこれを実践することによって驚くほど1回転あたりの消化時間が短縮されます!

ただし単独ドン狙いの場合、左リールの目押しが遅れると氷を取りこぼす可能性があるので注意が必要です。

慣れるまでに時間がかかりますが、2000G程度回せばスムーズに消化できると思います(^^)

ハナビ(花火)
遅れ発生時の効率的な打ち方

次は遅れ発生時の打ち方を紹介します!

ご存知の通り、遅れ=チェリー or ボーナス確定になっていますが、

経験上、通常時の遅れ+ボーナス成立時は高確率で単独ボーナスになっています。
(RT中の遅れは1枚役重複の可能性が結構あります)

そのため通常時はボーナス成立ゲームから2G以内で揃えることが可能になり、コインロスを少なくなります(^^)

通常時の遅れ発生時のオススメする打ち方も順押し(ハサミ打ちも可)になります!

通常時の遅れ発生時の打ち方


3連ドンの1番上(リール配列5番)を左リール中~下段に狙う

中下段ドン
停止時
チェリー取りこぼしの可能性大
下段ドン
停止時
・中右リールにドン狙い
・ドンBIG否定時は次Gに7狙い
上段BAR
停止時
・中右リールにBAR狙い
・REG否定時は次Gに7狙い
上段チェリー
停止時
・中右リール適当打ち

上記手順を実践することで、ほぼ2G以内にボーナスを揃えることが可能です。

ただし左リールの目押しが早いとチェリーを取りこぼすので、

目押しが苦手な人は損するので注意が必要です。

ハナビ(花火)
効率的な打ち方の最大のデメリット

今まで効率的な打ち方のメリットを挙げてきましたが、

致命的なデメリットがあるんです!

それは…

作業感全開面白さ激減

自分もこの打ち方を実践してから作業感が一気に上がりました(^_^;)

しかも回転数を稼げるし打つのも楽なので、今更変えられず淡々と打つようになってしまいました。

まあハナビはリーチ目が単純なので、元々ドキドキすることもさほど無かったので我慢できましたが…

なのでハナビの出目を楽しみたい人、遊び感覚で打っている人には不向きです。

ただし高設定をツモッた時には上記の打ち方を強くオススメします!

これだけで終日回せば、普段より500G近く稼ぐことが出来ると思うので。
(↑個人的な感想です…)

ハナビを朝イチから打つ人、設定狙いをしている人は上記手順で期待値を最大化しましょう(^^)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください