ジャングルマスターコングダム 筐体画像

2019 / 5 / 7 スロット解析

ジャングルマスターコングダム 天井・スペック・設定判別まとめ

ジャングルマスターコングダム 筐体画像
©YAMASA

機種概要
  • ボーナスとRTで出玉を増やすA+RT機
  • 設定は1・2・5・6の4段階
  • BIG後は最大20G継続のRT「ナイトモード」突入
  • ナイトモード中に昇格リプレイ成立で100G or 999G継続のRT「ジャングルタイム」突入
  • 天井非搭載
導入日 2019/05/07
タイプ A+RT
RT ナイトモード
ジャングルタイム
(純増枚数は解析待ち)
BIG 「赤7・赤7・赤7」
「緑7・緑7・緑7」
(獲得枚数約300枚)
REG 「BAR・BAR・BAR」
(獲得枚数約84枚)
回転数 約35G/50枚

目次(内容タップでジャンプ)

天井


天井情報

天井情報
天井非搭載
やめどき
天井非搭載なので通常時ならいつでも可
設定変更時
G数リセット

スペック解析


スペック

スペック概要
設定 BIG REG ボーナス合算 機械割
1 1/301 1/375 1/167 97.3%
2 1/291 1/338 1/156 100.2%
5 1/284 1/299 1/146 105.1%
6 1/272 1/273 1/136 108.5%
各BIG確率
設定 緑BIG 赤BIG
1 1/504 1/745
2 1/728 1/486
5 1/475 1/705
6 1/683 1/452


打ち方

リール配列


ジャングルマスターコングダム リール配列

BIG 「赤7・赤7・赤7」
「緑7・緑7・緑7」
REG 「BAR・BAR・BAR」

通常時


左リール枠内に赤7に挟まれたチェリー狙い右リール適当打ち
・ベルがテンパイしたら、中リールにベル狙い

ボーナス中


2回9枚役を獲得する
予告音発生時は左リールに「緑7・ベル・緑7」狙い中右リール適当打ち

BIG中の9枚役獲得手順


  1. 予告音非発生時に、逆押しで右中リール適当打ち
  2. 左リール上段にチェリー下の赤7ビタ押し
  3. 9枚役を2回獲得で成功。獲得枚数アップ
  4. 2回成功後は順押し適当打ちで消化

REG中


1度だけ9枚役を獲得する

REG中の9枚役獲得手順


  1. 逆押しで右中リール適当打ち
  2. 左リールに「緑7・ベル・緑7」狙い
  3. 9枚役獲得で成功。獲得枚数アップ
  4. 成功後は順押しで左リールに緑7を避けて消化

RT中


・通常時と同様に消化

設定判別ポイント


設定差のあるボーナス確率

・「緑BIG確率」「赤BIG確率」に奇偶の設定差あり
・REG確率に高低の設定差あり

設定差のあるボーナス確率
設定 緑BIG 赤BIG
1 1/504 1/745
2 1/728 1/486
5 1/475 1/705
6 1/683 1/452
設定 REG
1 1/375
2 1/338
5 1/299
6 1/273


BIG中の出目

・BIG中、技術介入成功時の出目に高設定確定パターンあり

BIG中の技術介入手順
予告音発生時に左リールに「緑7・ベル・緑7」狙い→中右リール適当打ち

BIG中の出目による設定示唆
出目 示唆内容
リプレイ揃い 高設定示唆(弱)
ハズレ 高設定示唆(強)
リプレイテンパイハズレ 設定2以上確定
左リール
「緑7・ベル・緑7」
設定5・6確定
+設定6濃厚
BIG中の出目振り分け
設定 リプレイ揃い ハズレ リプレイ
テンパイハズレ
緑7・ベル・緑7
1 1/41.0 1/66536
2 1/41.0 1/65536 1/512
5 1/37.9 1/32768 1/65536
6 1/37.9 1/16384 1/512

関連記事→ジャングルマスターコングダム
高設定確定演出


高設定確定演出

  1. BIG中の出目が「リプレイテンパイハズレ」で、設定2以上確定
  2. BIG中の出目が左リール「緑7・ベル・緑7」で、設定5・6確定+設定6濃厚

関連記事→ジャングルマスターコングダム
高設定確定演出


立ち回りポイント

・この台はボーナスとRTで出玉を増やすA+RT機で、BIG後は20G以上のRTに突入します。ボーナス確率に設定差があるのでカウントしましょう。またBIG中の出目に高設定確定パターンがあるので、他の台も併せてチェックしてください。

・天井非搭載で、ハマリ台でもメリットは無いので注意してください。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください