押忍番長3 タイトル

2018 / 3 / 14 設定狙い

押忍番長3 立ち回りポイント

押忍番長3 筐体
©大都技研

今回は「押忍番長3 立ち回りポイント」を紹介します。

押忍番長3は設定判別が難しく、

投資金額や設定判別の時間時間がかかるので、

勝つためにはホール選びと立ち回りが重要になります。

当サイトでは

ホール選びのポイント
朝イチの立ち回りポイント
夕方からの立ち回りポイント

をメインに書いていきます!

押忍番長3
ホール選びのポイント

突然ですが、押忍番長3の魅力は何ですか?

押忍番長番長の魅力の1つとして挙げられることは

高スペックであること!

設定5で116%、設定6では119%であり、

さらに万枚も狙える一撃性を兼ね揃えているため、

朝イチから狙う人は多いと思います。

そのためホール選びの大前提があります。

確実に設定6があること!

これが最も重要なポイントです!

設定5も機械割が高く魅力的ですが、

判別に時間がかかる上に、

最悪の場合は設定1を粘ってしまうリスクもあるので、

設定6のみ狙うのが良いです!

設定5は明らかに挙動が良い場合や、

ART終了画面で確定パターンがあった場合のみ追うようにしましょう。

また設定6があること以外に着目するポイントは

1…全台456の可能性があるホール
2…全リセのホール

この2点があるとリスクの低い立ち回りが可能です。

ただし全リセでは設定判別に時間がかかる可能性があるので、

リセット挙動=設定456の期待度がアップするホールを狙うのもオススメです!

押忍番長3
朝イチの立ち回りポイント

個人的な印象ですが、

押忍番長3は朝イチから即埋まる可能性が低い台と思っています。

それはなぜか?

リセット or 設定変更を見抜くのが難しいから!!

周知の通り、押忍番長3はリセット or 設定変更の50%でベルカウンターリセットになっているので、

確実に見抜くことは出来ません。

さらに朝イチから天井一直線なんてこともザラにありますし(^_^;)

そのため台選びが重要になります!

台選びの優先順位は…

1…自分の狙い台
2…リセットの期待度が高い台(前日ART中ヤメの台・前日ハマリG数が500G以上の台)

この2点に着目して選べば

高設定がツモれる可能性がありますし、かつリスクが少ない台を掴むことができます。

ただし上記2点のうち、自分の狙い台の方を優先的に狙ったほうが良いのは言うまでもありません!

その方が設定6をツモれる可能性が高いですし、今後の狙い台の参考になるので(^^)

では自分の狙い台に座れたらどこまで回すか?

これは自分の狙い台の期待度によって変わりますが、

基本的に当たるまで打ちましょう!

前述の通り押忍番長3は設定判別が難しい台なので、数100Gで判別するのは不可能です!

そのため当たるまで打ちながら、台の挙動をチェックするのが良いでしょう。

そして必ず周りの台の挙動をチェックしつつ設定判別をしてください!

押忍番長3の設定判別ポイントは

1…番長ボーナス(通常時)
2…チャンスチェリー
3…強制逆転(通常時)

上記の3つが重要なポイントなので、

自分の台だけではなく他の台の挙動をチェックすることが

結果的に投資額を抑えられる可能性が高くなります。

ましてや設定6は機械割が119%もあり、

「ホール側も積極的に入れることは少ない=ツモ率自体少ない」ので、

どちらかと言えば投資額を抑えることに重点を置いて立ち回りましょう。

押忍番長3は設定6でもハマることの多い台なので、

高設定挙動でも空き台になる可能性があります。

とはいえ設定6が空き台になる可能性は低いので、

押忍番長3の高設定狙いは朝イチ~昼頃までが勝負です!!

ツモれなかったら他の台を探すか、帰りましょう…

押忍番長3
夕方からの立ち回りポイント

先程、押忍番長3は朝イチ~昼頃までが勝負だと書きました。

結論から言うと
夕方からの設定狙いはしない方が良いです!

設定狙いが難しい押忍番長3といえども

さすがに設定6であれば埋まっている可能性が高いので、

現実的に夕方以降からツモれるのは設定5以下になると思います。

さらに設定5は履歴やスランプグラフでは判別が難しいので、

空き台の中から探すのはリスクが大きいので避けたほうが無難です。

そのため夕方以降から打つ人は

1…夕方以降しか時間が取れない
2…どうしても押忍番長3が打ちたい

当記事では上記を踏まえた上で立ち回りポイントを書いていきます!

では夕方以降、押忍番長3はどのような台を打ったら良いか?

着目するポイントは2点あります。

1…通常番長ボーナスを複数回引いている台
2…できれば打ち出しの回転数が700G以上の台

そして上記2点のうち、特に通常番長ボーナスを重視して下さい。

押忍番長3は荒れやすい台なので、スランプグラフだけで判断するのは危険です。

そのため履歴から押忍番長3の設定狙いをするには

通常番長ボーナスの回数をメインに立ち回りましょう。

さらに一撃性が高い台なので夕方以降に当選した場合は閉店リスクが高まります。

初当たり確率と時間効率を考慮して、ハマリ台を当選するまで打つのが良いでしょう。

以上が押忍番長3の立ち回りポイントになります。

現行の機種の中ではダントツに機械割が高く

今後もホールのメイン機種になると思われるので、

設定判別&立ち回りポイントをしっかりと把握して臨みましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です