パックマン タイトル

2018 / 5 / 2 スロット解析

パックマン 設定差のあるボーナス確率

パックマン 筐体
©UNIVERSAL

「パックマン」設定差のあるボーナス確率です。

この台は「メロン+ボーナス確率」「チェリー+REG確率」「リーチ目A+REG確率」に設定差があります。

特にメロン+ボーナス確率に大きな設定差があり、早い段階で複数回確認できれば高設定の期待度がアップします。

ただしメロン+ボーナスを把握するには違和感演出をチェックする必要があるので注意してください。

なお違和感演出はボーナス当選時の95%で発生します。

リーチ目A:中リール中段BAR+左リールチェリー否定(中押し時)

パックマン
設定差のあるボーナス確率

設定 メロン
+ボーナス
チェリー
+REG
リーチ目A
+REG
合算
1 1/6554 1/1725 1/4681 1/1057
2 1/6554 1/1074 1/2980 1/705
5 1/2185 1/1489 1/3641 1/712
6 1/2185 1/840 1/2260 1/478

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です