設定狙い タイトル

2016 / 11 / 3 設定狙い

設定狙いで勝つ その10 ~中間設定メインのホール対策~

せっていねらいでかつ 勝てる トップページ

※前回の記事から、かなり間が空いてしまいました…当記事を待っていた方、グダグダしてしまい申し訳ありませんでしたm(__)m

突然ですが、こんな経験はありませんか?

  • 高設定挙動の台を打っても勝てない
  • 負けてないけど、勝ててない
  • 設定狙いのトータル収支では、プラマイゼロ止まり

このような経験をしている場合は、中間設定を打ち続けている可能性が高いです。

勝つために稼働をしているならば、なるべく中間設定以下は避けたいですよね(^^)

今回はノーマルAタイプの中間設定メインのホール対策です!

私個人の立ち回りを含めて勝ち方を伝えていきます。

※個人的な立ち回り方をメインに書いているので、これから書いてあることが必ずしも正解とは限りません。100%言えることは、高設定を回し続ければ勝てるという事実だけです。また設定6を朝イチから閉店まで回すのが、時間効率も考えて期待値を最大化できることを念頭に置いておきましょう。

目次(内容タップでジャンプ)

負けないから勝てるへ

設定狙いで勝てている人の収支は「ほぼ高設定をツモッている人」「時々高設定ツモっている人」と、様々だとおもいます。

しかし勝てている人は、必ずと言っても良いほど通っている道があります…

負けてないけど、勝ててない

これが通過できる人と、できない人がいます。

そして「負けてない→勝てている」までのハードルは非常に高いです!

当然ですが、いくら優良ホールでも通常営業に高設定を多くは入れません。

「1日単位で勝ったり負けたりしながら、長いスパンでゆるーく負けていってもらう」

これが優良ホールの基本的な狙いです。

そのような状況の中で勝つためには、重要な考え方が必要です!

中間設定を避ける考え方

中間設定以下の台を極力避ける為に、以下のことを頭に刻み込みましょう…

限りなくボーダーを上げること!!

中間設定メインのホールでは低設定をなるべく避けて、高設定を長く打ち続けることが大切です。

そのために、今まで以上にボーダーを上げて立ち回りましょう。

具体的には…

  1. 設定6の可能性がある台を打つ
  2. 当たらない台はヤメる
  3. 多少挙動が良くても信用しない
  4. 深追いはしない

上記のことが挙げられます。

言うのは簡単だけど、実際やり方が分からん!!

と思いますので、個人的にオススメの打ち方を紹介します(^^)

個人的なオススメ打法

それでは個人的な考え方に基づいた、オススメ打法を紹介します。

※ただし冒頭でも書きましたが、これは個人的な立ち回り方をメインに書いているので、これから書いてあることが必ずしも正解とは限りません。あくまで個人的な考え方なので、本人の裁量&ホールの状況次第で打ち方を変えるのも良いと思います!またこの打ち方は昼以降かつノーマルAタイプの立ち回りを前提としており、朝イチやAR/ART機には向きませんのでご了承ください。

では順を追って書いていきます。

1…昼以降に合算確率が設定6付近か、それ以上の台を打つ

これは超重要です!

中間設定以上の台を打つならば、挙動の良い台を打つのが大前提になります。

それ以下の台を打つならば、+αの根拠(前日との比較、高設定が入りやすい場所など)の要素が必要になります。

まずはここからスタートです。そして無ければ打たないことも大切です!

2…初期投資は6000円以内

異論が出そうですが、個人的にはこれぐらいが良いと思っています。

設定狙いの打ち出しというのはリスクが高めで、低設定を打っていまう可能性が高いです。

その対策として、低設定を避けるために1台あたりの投資金額を抑えることが有効です。

実際に6000円程度でボーナスを引ける確率は

ハッピージャグラー
設定1 71.3%
設定6 80.7%

※35回転/50枚・210G計算

ドリームハナハナ
設定1 68.0%
設定6 88.5%

※37回転/50枚・222G計算

顕著な差…とまでは言えませんが、高設定は概ねボーナスに当選します。

その間に小役をカウントし、かなり小役が落ちるならば回せば良いです!

そしてボーナスを引いたその後、台との駆け引きが必要にあります。

ただし、ボーナスが当たりまくる台を粘るべきです!

中間設定は基本的にボーナス連とハマリの関係で、出玉がなかなか増えません。

そのラインを超える台を打ち続けましょう!

即ち、高設定挙動の台を粘る<中間設定以下を避けるという思考を念頭に置くことが大事です。

そもそもホール全体の状況から考えても、設定6より設定4以下の台が圧倒的に多いので、

よほどの自信がない限り、中途半端な挙動の台は打つべきではありません。

ぶっちぎりの高設定挙動!!

こんな台を常に打ち続ける感覚で臨みましょう。

具体的には…

  1. 早い段階での300Gハマリ
  2. 100G以内のボーナス連が無い
  3. 1000G以上粘って、設定4の合算確率を下回る

よほどの高設定挙動が無い限り、上記のような台は未練なくヤメる!

中間設定がメインのホールでは、このような立ち回りをオススメします(^^)

長期的に判別する

上記のような立ち回りを続けた結果に高設定があるのか?

いずれこのような判断をしなければなりません。

そのときに役立つのが、今まで取り続けてきたデータです!

設定狙いで勝つ その9 ~ノーマルAタイプの時間帯別立ち回り~で書いたとおり、「打ったホールと台の名称」「打ち始め&終わりの総回転数」「BIG回数」「REG回数」「総収支額」を計算してください。

その結果を設定判別ツールで計算してください。

※オススメの設定判別ツールは、今後追記予定です!

その上で、収支がプラマイゼロ以下のホールは要注意です!

回転数としては、最低20000G以上のサンプルが必要だと思います。

数日で回す人もいれば、1ヶ月以上かかる人もいると思いますが、それは1人1人違ってきます。

ただし、もう1つ考慮する条件があります!

高設定をどの程度の頻度で掴めているか?

というものです。

具体的には…

  1. 時間のある限り(≒閉店まで)減らさず回せているか?
  2. 設定6をぶっちぎるボーナス確率か?
  3. 高設定濃厚演出は出ているか?

自分は1番を最も重要視しています!

経験上、1番が勝てるホールかどうかの分かれ目ですね…

そして実戦の結果、勝てていない場合は

1…ホール自体に設定6が少ない
2…立ち回りに問題がある

この2点に原因があると考えられるので、立ち回りを検証する必要があるでしょう!

そして立ち回りを見直しても勝てない場合は、そのホールでの設定狙いは避けましょう…

時間を意識する立ち回り

「設定3・4をツモってるなら、いずれプラスになるんだから良いのでは?」

という意見もありそうですが、個人的な回答としては…

「その考え方は捨てましょう!」

自分もその考えで立ち回った経験がありますが、その結果…

「負けてないけど、勝ててない!」

この問題に直面しました(^_^;)

さらに中間設定はお金は減らないけど、あるものを浪費します。

それは…時間です!

1日あたりの時間は限られているので、その中で最も効率的な動きをすることが非常に大事です!

時間があるならば、確実な期待値のある天井狙いも出来るし、

スロットを打たないにしても、自分のプライベートな時間を有意義に過ごせば良いです!

「限りある時間の中で、期待値を最大化する」

このことを常に意識しながら立ち回りましょう!

この「設定狙いで勝つ」シリーズを読んだあなたが、いつか設定狙いで勝てるようになることを願っています(^^)

長く続いた「設定狙いで勝つ」シリーズは、これで終了になります。

今後はスロットで勝つためのコラムを書いていく予定です!

コラムの方も不定期更新になりますが、出来るだけ役に立つ内容にするよう心掛けるので、是非ご覧下さい!

「設定狙いで勝つ」シリーズを読んでくださって、ありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください