設定狙い タイトル

2016 / 5 / 14 スロット解析

設定狙いで勝つ その2~ホールの特徴~

せっていねらいでかつ 勝てる トップページ

今回はホールの特徴について書きます。

一言にホールといっても、それぞれ特徴があります。

大きく挙げると

都市部のホールと郊外のホール
台数が多いホールと少ないホール

があります。

それぞれの特徴を踏まえた上で、どのようなホールが狙い目なのかを書いていきます。

※ただし設定状況はホールごとに大きく異なるので、このような傾向が強いということだけ認識してください。

目次(内容タップでジャンプ)

都市部のホールと郊外のホールの違い

都市部のホールと郊外店のホールで特徴が異なります。

基本的に都市部のホールは人口密集地や駅前などにあり、自然と客が集まりやすいので、大きな還元をしなくても利益を出せるという特徴があります。

また土地単価が高く、営業コストも高くなるので、通常営業時は回収メインのホールが非常に多いです。

しかし営業コストが高い代わりに、客離れを極端に嫌う傾向があります。

またライバル店が多いので、競争しやすい環境と言えます。

そのため一定の集客をしなくてはならないので、メイン機種や新台に設定を入れることが多いです。

またグランドオープンはホールの生死を分けるほど重要なので、パチンコ&スロット共にかなり甘めの調整をします。

グランドオープンほどではないですが、同様に長期休業後のリニューアルオープンも狙い目です。

都市部のホールの特徴


  1. 自然と客が集まりやすく営業コストが高いので、通常営業時は辛めの調整
  2. 新台やメイン機種、イベント時は甘めの調整
  3. 長期休業後のリニューアルオープンはチャンス。グランドオープンは大チャンス。

一方、郊外店のホールは事情が全く異なります。

都市部のホールのように自然と客が集まってくることは無いので、出玉でアピールする傾向があります。

都市部に対して営業コストも安いですし…

しかし基本的に薄利で営業をしている上に常連のお客さんが生命線なので、イベント時でも全台設定6のような入れ方をしているホールは少ないです。

遠方から大量に軍団が来ても、ホールにメリットは少ないですし…

郊外のホールの特徴


  1. 通常営業でも甘めの調整
  2. イベント時でも全台6などの強烈な出玉アピールはしない傾向

台数が多いホールと少ないホールの違い

台数の多いホールと少ないホールで特徴が異なります。

台数の多いホールは200台以上、少ないホールは150台以下程度としておきます。

台数の多いホールは新台導入も撤去もサイクルが非常に早いです。

その中で稼動の多い台は残しつつ、少ない台はすぐに撤去します。
(早い段階なら中古買取り価格も高いですし)

そのため新台は機械台の回収のために高設定を入れることは少ないです。

しかしメイン機種になった場合は、それなりに設定を入れるようになります。

またイベント時では機種単位やボックス単位で高設定を入れて、

出玉アピールをしやすいという特徴があります。

台数の多いホールの特徴


  1. 新台の設定は辛め
  2. メイン機種の設定は甘め
  3. イベント時は機種単位、ボックス単位で高設定を入れる可能性あり

一方、台数の少ないホールは基本的に逆になります。

新台を大量導入する場所も資金力もないので、1台1台を大切に扱う傾向があります。

そのため新台でもそこそこ設定に期待できる可能性があります。

また1台あたり長期の稼動で機械代の回収を目指しているで、

シマ全台が設定1というということはあまり無いです。

しかしイベント時でも強烈な出玉アピールは少ないですね。

台数の少ないホールの特徴


  1. 新台とメイン機種の設定は甘め
  2. シマ全台設定1という状況も少ない
  3. イベント時は強烈な出玉アピールはしない傾向

設定の入れ方の違い

上記のおさらいとして表にまとめました。

それぞれ特徴を把握しておくと、設定狙い時に参考になります。

ホールの特徴
都市部 郊外
  1. 自然と客が集まりやすく営業コストが高いので、通常営業時は辛めの調整
  2. 新台やメイン機種、イベント時は甘めの調整
  3. 長期休業後のリニューアルオープンはチャンス。グランドオープンは大チャンス。
  1. 通常営業でも甘めの調整
  2. イベント時でも全台6などの強烈な出玉アピールはしない傾向
台数多い 台数少ない
  1. 新台の設定は辛め
  2. メイン機種の設定は甘め
  3. 機種単位、ボックス単位で高設定を入れる可能性あり
  1. 新台とメイン機種の設定は甘め
  2. シマ全台設定1という状況も少ない
  3. イベント時は強烈な出玉アピールはしない傾向

どのようなホールが狙い目なのか?

これまでホールの特徴を伝えてきましたが…

残念ながらどの特徴のホールが狙い目なのかという明確な基準はありません!

ただ各ホールのどのような台を狙い目にすれば良いのかという基準は

何となく掴めたのではないでしょうか?

そして、確実に狙い目のホールは存在します。

それは…

設定6が分かりやすく入れてあるホールです!

「そんなホール無いでしょ?」
とか
「朝の並びと抽選がキツいんでしょ?」

とかいう声が聞こえてきそうですが、意外とあります(^^)

次回は設定6を入れているホールを見抜く方法を書きます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です