設定狙い タイトル

2016 / 6 / 3 設定狙い

設定狙いで勝つ その5~設定狙いの重要ポイント~

せっていねらいでかつ 勝てる トップページ

今回から実戦編として、実際に設定狙いで機種を狙う時のポイントを挙げていきます。

今まではホールの情報収集を中心に書いてきましたが、

今回からは実戦的な立ち回りをメインに書いていきます。

ここからは重要な項目が増えますので、

「設定狙いで勝ちたい!」という人は

熟読することをオススメします。

目次(内容タップでジャンプ)

設定狙いをする条件

今まで天井狙いをしつつ、ホールの状況をチェックすることの

重要性を書いてきました!

が…

設定6があるホールなんて無いけど(泣)

そんな悩みを抱えているアナタ!

1つアドバイスを送ります…

潔く諦めましょう!!

最初に書きましたが、

設定狙いはホールや地域性に大きく左右されるので、

設定6が無いことも十分考えられます…

残念ながらその場合、

マイナス期待値を積み上げていくだけなので、

勝ち続けることはできません(T_T)

ただしイベントなどの特定日や

車や電車を使って遠出すれば

見つかるケースがほとんどです。

どうしても見つからないのは

ホールの数が圧倒的に少ない地域か

探す店舗の数が少ないかですね…

パチンコ&スロットで勝つのは、

努力すればそれほど難しくないです。

同様に優良のホールを見つけることもアナタの努力次第です!

その努力を怠って機会損失していませんか?

もちろんパチンコ&スロットは娯楽の一種ではあるので、

打ちたい台や低設定を打つのは自由ですが…

膨大な時間とお金を費していることを認識した上で打ってください!

設定狙い時に絶対守ること

設定狙いをする際に絶対守ってほしいことを挙げていきます。

  1. 収支をつける
  2. 打った台のデータを取る(最低でも設定判別材料、総回転数、当たり回数)

きちんと勝てているか&打った台の予想設定を検証できるので

この2点は必ず守ってください!

設定狙いの最も難しい点は

期待値の計算ができないことです。

BIG連やフリーズで爆発して、

設定は分からない日は多々あります。

逆に強小役やボーナスが引けずに

ハマり続けてマイナスなんてこともあります。

しかし打ち続けていれば

長いスパンをかけて収束していくので、

トータルで勝ち負けがハッキリしてきます。

そのためよくわからない結果であっても

収支とデータを取ることは、ホールの特徴を掴むのに重要なので必ず取りましょう。

設定狙い時の重要項目

次に設定狙いをする時のポイントを挙げていきます。

  1. 設定6のみ狙う
  2. 視野を大きくする
  3. 妥協しない

この3点は設定狙いでの勝敗に直結するので非常に重要です!

まず設定6のみ狙うように心がけましょう。

「何となく良さそうな台だなー」という台に座っても

そうそう設定6は掴めませんし、

低設定を打つリスクが上がります。

むしろ

「これ絶対設定6ある!!」

という台を座って、

やっと設定4以上を掴めるようになるという感覚で臨みましょう。

次に視野を大きくしましょう。

具体的には

  • ホール全体の出玉状況を見る
  • 前日のデータと見比べる

これぐらいは必要不可欠です。

ホールには回収する日と、還元する日があります。

日によってメリハリをつけることで

効率よく利益を出すようにしています。

またイベント日によっても回収寄りの日があります。

回収日かどうかはホール全体の出玉状況を常にチェックする必要があります。

で、回収日と判断した場合は打たないようにしましょう!!

自分の実戦上、回収日に1台だけ高設定挙動の台を打っても

設定6を掴めた経験は非常に少ないので…

さらに前日のデータと比べましょう。

設定の上げ狙いが有効なのか、据え置き狙いが有効なのかは

ホールによって全く違います。

ちなみにマイホでは据え置きが多いので、

前日が中間設定挙動の台は打たないようにして、

前日設定6挙動の台が当日も良挙動であれば、

積極的に狙っていくようにしていますね!

特に設定判別材料が少ないノーマルタイプでは、

ホールのクセを読むことが

ボーナス確率よりも有効な要素であることが多いです。

ホールのクセは様々なので

上記は単なる一例でしかないですが、

ホールの特徴を掴めれば無駄打ちがかなり少なくなります。

最後に妥協しないということが大事です!

具体的には…

  • この台挙動が少し良さそうだから設定あるかも…
  • 設定1でも機械割100%オーバーだからちょっとだけ…
  • もう少し打ちたいから…

上記を理由にして打ちだすと高確率で負けます。

これが1番難しかったりするんですけどね(^_^;)

しかし設定狙いは油断するとすぐに投資額を吸い込んでいきますし、

精神的ストレスも溜まります。

この壁を乗り越えてこそ

設定狙いで勝つことができます!

今や自分はマグレで勝っても、嬉しいと思わなくなりました。

そして、こう心に刻んでいます…

やっぱり勝つべくして勝った時が面白いじゃないんですか?…と

次回はより実戦的なAT/ART機の立ち回りポイントを書きますのでお楽しみに!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください