設定狙い タイトル

2016 / 8 / 13 設定狙い

設定狙いで勝つ その9 ~ノーマルAタイプの時間帯別立ち回り~

せっていねらいでかつ 勝てる トップページ

今回はノーマルAタイプの時間帯別立ち回りを書いていきます。

ノーマルAタイプはゾーンや天井が無い機種がほとんどなので、それぞれの時間帯で立ち回ることが可能です。

しかし高設定っぽい台は空きづらく、夕方以降は高設定を座ることが難しいノーマルAタイプ。

高設定を効率良くツモるためにはどうするのか?

上記の疑問を焦点に当てて書いていきます。

※ノーマルAタイプは多数の機種がありますが、ホールのメイン機種である「ジャグラー」「ハナハナ」シリーズを基準に書いていきます。

目次(内容タップでジャンプ)

はじめに

いきなりですが、ノーマルAタイプを打つ際、あなたにやってほしいことがあります。

  1. 打つ前に「打ったホールと台の名称」「打ち始めの総回転数」「BIG回数」「REG回数」「総収支額」をメモ
  2. 打ち終わった後に上記のすべてをメモ

これであなたが打った「回転数」「BIG回数」「REG回数」「収支」を計算できます。

これは稼動をする上で非常に重要なので、必ず実践してください!!

結構面倒ですが、後々必ず役に立ちますから(`・ω・´)

本格的に稼働している人は、「小役確率」や「当選G数」なども残していますが、

最低でも枠内の情報は必要です。

上記の情報全てをメモするのは面倒なので、

スマホを利用している人は収支計算アプリがオススメです。

個人的に使いやすいアプリを紹介しますので、参考にしてください。

もちろん無料で使えます!

上記のアプリで、自分が使いやすいと思ったものを、ざっくりとしたメモ帳代わりに利用すれば良いと思います(^^)

※現状ガラケー向けのツールは見つからなかったので、メモ帳などで代用してください。

では、ノーマルAタイプの時間帯別立ち回りポイントを書いていきます!

朝イチの立ち回り

まず朝イチの立ち回りですが、重要なポイントがあります。

それは…

朝イチは高設定を必ず掴めるぐらいの自信が持てる台を打つこと!

ということです。

いくら設定6を入れているホールでも、

ノーヒントでは設定1を打つリスクが格段に高くなります。

AT/ART機では朝イチの高確移行や、ゾーンのズレなどでリセット確認ができますが、

ノーマルAタイプはガックンチェックや、クレジットランプぐらいでしかリセット判別はできませんし、

対策されているホールでは、ほぼ役に立ちません。
(前日の仕込みなどで変更判別は可能ですが、目立つ上に出禁リスクがあるのでオススメしません)

さらにノーマルAタイプは全体的に機械割が低く、高設定でも朝イチから良い挙動をするとは限らないので、ある程度の回転数が必要になります。

その結果ホールの設定状況から、朝イチは設定1を回し続けるリスクが非常に高いです!

自分も朝イチから打ちに行くこともありますが、

マイホではランダムで高設定&中間設定を入れるので、収支的に相当荒れますし、

時間効率も悪いので、ほとんど打ちに行きませんね(^_^;)

朝イチからノーマルAタイプに行くことは相当な自信と覚悟が必要!!

ということを覚えておいてください。

朝イチからノーマルAタイプを攻めるのはハードルが高いですが、

それでも朝イチから高設定を打てるホールはあります。

  1. ホールから何かしらの示唆がある(メール情報、全台456、台番号など)
  2. 朝イチ出目変更&ガックンで、高設定濃厚のホール
  3. イベント日に高設定が入りやすい場所

上記のような傾向があるホールであればチャンスです!

さらにAT/ART機に比べてライバルが少なく、リセット判別の難しいノーマルAタイプであれば、十分に狙いに行くことが可能でしょう。

ただし機械割が低めであることは頭に入れておきましょう(^_^;)

昼からの立ち回り

次は昼からの立ち回りです。

時間としては12~13時くらいですね。

この時間になると、稼動の良いホールであれば1000~2000G程度は回っている台が多いと思います。

その中には連チャンしている台や、ハマっている台など様々でしょう。

ただ注意点があります…

ノーマルAタイプの2000G程度は、さほど参考にならない!!

ということです。

低設定でも連チャンしますし、2000G時点でボーナス合算が1/100以上でも、終日回せば低設定域に転落ということもあります(^_^;)

ノーマルAタイプをボーナス確率のみで高低を判別するのは、最低でも4000G程度回さないと難しいでしょう…

そのため昼からの立ち回りは、自分の予想を加味しつつ立ちまわることが重要です!

例えば…

  1. いつも高設定を入れやすい場所か?
  2. 前日は高設定だったか?
  3. どれぐらいの期間高設定を入れていないか?

これらを+α要素として立ちまわることによって、高設定を掴むチャンスを上げることが可能です!

逆に言えば上記の要素が無い場合は、深追いはしない方が良いと言えます。

昼からの立ち回りに必要なのは、低設定&中間設定を極力回さず、高設定を掴むことなので!

夕方からの立ち回り

最後に夕方からの立ち回りです!

時間としては17~18時くらいですね。

AT/ART機の立ち回りでも書きましたが、

この時間には仕事終わりの人が増えるので、稼働率も一気に上がります。

さらにノーマルAタイプは閉店リスクが少ないので、稼働率も上がってきます。

そのため、夕方からノーマルAタイプの高設定を掴めるチャンスは少ないです…

ではどのように立ち回れば、高設定を掴めるのか?

それは…

打ち手のレベルが低いホールを選ぶことです!

打ち手の心理を考えると分かりますが、

閉店時間が少ない状況でのハマリは堪えますよね…

セミプロ以上の人は、たとえ負けるリスクがあっても閉店ギリギリまで打って期待値を最大化しますが、

打ち手のレベルが低いと、勝っているうちにヤメて利益を確保しようとする人が多いです。

そのため高設定挙動でもハマリ台が空きそうなホールで立ち回れるように、

夕方からは高稼の多いホールより稼動の少ないホールの方が狙い目です(^^)

でも、これだけは念頭に置いてください…

高設定挙動の台が無ければ打たずに帰ること!

無駄打ちはパチンコ&スロットの天敵ですので(^_^;)

次回はノーマルAタイプの中間設定がメインのホール対策です。

  • 高設定挙動の台を打っても勝てない
  • 設定狙いのトータル収支では、プラマイゼロ止まり

上記のような経験をしている人は、中間設定メインのホールで立ち回っている可能性が高いです。

そんなホールで勝つための立ち回りを書いていきます!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です